仕事の悩み

【最速】40代で転職は遅くない!実際に転職しなくて良い理由を解説!

zona
zona
こんにちは 転職リーマン’’ぞな’’です

40代からの転職は難しいと聞いて、転職することを諦めていませんか?

実は、ちょっとしたポイントをおさえて転職活動をするだけで、40代からの転職を成功に繋がります。

そこで今回のは記事は、40代からの転職を成功させるポイント例え実際に転職しなくても、転職活動はした方が良い理由をまとめて解説します。

ぜひご覧ください。

【諦め?】40代だからって転職活動を諦めていませんか?

「今の給与のままでは将来の教育資金が貯まらない」

「残業など労働環境の不満がある」

「精神的なストレスでしんどいてつらい」思っていても、実際は…

「家族を養わなければならないから、今すぐ転職はできない」
「これといった資格もないから転職できるか自信がない」

たしかに40代で転職するには、かなり勇気がいりますよね。

40代 転職活動とは、今よりも良い環境を探す行為です!

職場の雰囲気の善し悪しは、働きやすさに大きな影響を与えます。

一日の多くの時間を過ごす職場は、社員同士の仲が良く、リラックスして働ける環境が整っていることが理想です。

しかし実際には、自分と気が合う人ばかりとは限りませんね。

私も以前の職場では、仕事に対する考え方や進め方が違うだけでなく、性格的に全く合わない人がいました。

私自身「人間関係がギスギスした活気がない暗い雰囲気の職場で、この先ずっと働くことができるのか!?」をずっと考えていました。

もちろん人間関係だけで職場を変える必要はないと思いますが、人よっては高ストレスを抱えたまま働き続けて、身体的な影響(うつ・自律神経失調症)が出る人がいます。

身体的にきついとストレスを感じている人は、無理をせずまず会社を休んでください。

転職活動は二の次です。

自分を守ることが、一番大事です。

40代 ’’キャリアの健康診断’’をおすすめします!

今の現状に不安や不満があってもなくても、定期的にキャリアの健康診断=転職活動(応募・面接すること)を受けることで、あなたの市場価値(現時点で必要とされているかどうか)が図れます。

人間ドッグならぬキャリアドッグ(キャリアの健康診断)を受けて、転職市場において自分はどこが高評価され、どこが不足しているのか知っておくべきです。

たとえば大手企業に長年勤めている40代が、業績悪化で突然整理解雇されたとします。

転職市場での自分の評価を知らず(転職経験なし)に、自らの価値を高める努力をしてこなかったとしたら、ほかに仕事をすぐに見つけることができると思いますか?

おそらく’’できない’’でしょう。

自らの評価(転職市場での価値)を知る唯一の方法が「転職活動」です。

転職活動は、今の時点の客観的な評価が得られ、さらに面接などの経験値が高まります。

私は、この経験値こそが今後サラリーマン人生を歩む上で、最強のツールとなりことを確信しております。

40代転職未経験者でも大丈夫です!

zona
zona
突然の質問です!
zona
zona
AさんとBさんでは、どちらが市場価値が高いでしょうか?

Aさん

食品の法人営業ひとすじ20年の経験

Bさん

食品の法人営業10年を経験し転職、広告の法人営業10年の経験

会社側の観点は、「営業スキルの’’再現性’’があるかないか」がポイントです。

Bさんの方が、再現性(即戦力の可能性)が高いと判断されます。

多くの業種で成果と実績を残してきた人は、圧倒的に食いっぱぐれる可能性は、低くなります。

40代でもまだ間に合います。

40代 転職活動に特別なスキルは必要ありません!

zona
zona
転職活動は、企業とのマッチングの確認作業です。

資格試験のように「ハイスコア(高評価)をとらなくては!」と意気込んで転職活動をする人がいますが、撃沈する可能性が高いです。

転職活動は、企業の採用したい人物像に、どれだけマッチするかが勝負です。

よってハイスペック人材でなくても内定はとれます(実際はハイスペックでない方が優位なケースが多い)

具体的な行動は、’’再現性’’(御社の求めている条件にマッチしているので、すぐに活躍できます)をわかりやすくアピールするだけです。

再現性を感じさせる自己PR(面談)の3つのコツ

  • 自分ではなく相手目線で話す
  • 実績より具体的な行動を話す
  • 急所を狙う

相手目線・・・全体の傾向と自分の実績(数字)を入れ、さらにどんな行動(結果)をもたらしたのかをアピールすると、初対面の相手にはとても分かりやすい。

<例>「〇〇業界では、市場規模が毎年2%ほど縮小を続けている中、営業職として売り上げを5年連続5%増加させることができました」

具体的な行動・・・「自ら課題を見つけ出すことができる」ことをアピールする。

<例>「前職では、〇〇の業務が滞っているという課題がありました。滞っている原因を見つけ改善した結果、業務効率が進み、売り上げを伸ばすことに貢献しました」

急所を狙う・・・「急所=求める人物像」であることをアピールする。

<例> ホワイト企業は、基本的に穏やかな社風が多く、個人プレーよりもチームプレイを重視しています。ホワイト企業にアプローチする際は、協調性やコミュニケーション能力などをアピールするといいかもしれません。

【重要】40代の転職活動のポイントは2つ!

転職の軸を決める!

転職の軸とは、「転職で実現したい最優先事項」です。

「将来の不安があるから残業しても高年収をとりたい」
家族との時間が確保できる働き方(ライフワークバランス)を重視したい
ハラスメントがない穏やかな社風の会社で働きたい

人それぞれ転職をする上で、一番大切にしている考え方を最初に持つことが、なにより大切になります。

これからの転職活動の成功は、’’転職の軸に沿って判断する’’にかかっています。

転職軸に沿った業界選び!

今より「もっと年収を上げたい」と思う人は、’’儲かっている業界’’を選ぶことが勝ち筋です。

年収に大きく影響するのが、業界(企業)の利益構造です。

高年収を取りたい場合、外食業界、小売業界ではなく商社業界、金融業界、不動産業界の方が可能性は高いでしょう。

最近では、IT業界も高年収が期待できますが、ある程度の経験と実績(即戦力)が必要になります。

また、【ワークライフバランス】重視したい人は、’’テレワーク業界や残業が少ない業界’’を軸に、福利厚生の良い業界を選ぶと良いでしょう。

ワークライフバランス取れた会社は、年間休日が120日以上あり、完全土日祝祭日休みの可能性が高く、さらに有給休暇も容易に取らせてくれます。

<テレワークを導入しやすい業界>
IT・インターネット関係、マスコミ・広告業界、金融・保険業界、弁護士・翻訳業界等々

【まとめ】40代 今行動すれば10年後の人生が変わります!行動したもん勝ち!

結論

40代の社会経験(経験値)は、企業にとても貴重な存在です。

業界(転職市場)は、今即戦力(再現性)の人材を求めています。

転職活動で、今の自分に「即戦力があるのか?」企業の評価を受けることで、自分の現在の立ち位置がわかるはずです。

「よしっ 転職活動を試しにやってみようかな」と思った方は、

無料の転職エージェントがオススメです。

転職エージェントとは、登録すると無料で転職相談に乗ってくれて、求人探しから面接対策まで、幅広いサポートをしてくれる『人材紹介サービス』のことです。

この『人材サービス』は、利用者がお金を払う必要が一切なく、完全無料で使える点が特徴です。

是非ご利用ください。

 

ABOUT ME
ぞな
40代の営業系転職リーマンの「ぞな」です。転職経験と25年営業経験を基に40代に有益な情報をお届けします。現在は一保険営業マンでノー残業の会社で働いています。