仕事の悩み

【不安】40代は、なぜ転職に踏み切れないのかをわかりやすく解説!

zona
zona
こんにちは 転職リーマン’’ぞな’’です。

本記事では、40代サラリーマンで転職を踏み切れずに悩んでいる方に3つのポイントをわかりやすく解説します。

  • 40代が転職に不安を感じる理由
  • 40代の転職の不安を解消する方法
  • 40代で転職が成功するコツ

40代が転職に不安を感じる理由とは?

40代の転職は、「厳しい…」「今さら…」などネガティブなイメージがありませんか?

まずネガティブな原因を把握しましょう!

【原因】転職できる’’自信’’がない。

転職を考えているけれど、転職できる自信がなく、新たな一歩を踏み出せない。

まず自信がない原因を具体的に探しましょう。

経験・スキルに自信がない

特別なスキルや知識が必要な仕事はしてこなかったので、アピールできる経験は何もない…」と思っていませんか?

40代で経験、スキルがないことは絶対にありません。

普通に仕事をしてきただけと思われるかもしれませんが、20年近く仕事をしてきた時点で十分な経験とスキルを十分に積んでいます。

自分では専門的なスキルと思っていないだけで、他人(転職先)からすると、必要なスキルの場合が十分にあります。

自分自身の仕事経験を客観的に振り返り、強み(経験、スキル)をまとめることで、面接で堂々とアピールすることできます。

年齢のせいで自信がない

たしかに20代・30代の方が、転職に有利なのは確かかもしれません。

ただし40代の人材を欲しいという企業は、「即戦力」として、今までの「経験」と「スキル」を活かせる人材を求めているのも事実です。

40代の人材が欲しいという企業にアプローチができれば、年齢が有利に働くことなることになります。

しかし、年齢や経験が有利になる会社を個人で探すのは、少し難しいかもしれません。

転職エージェントの担当者に、「年齢が有利に働く」会社を探してほしいと依頼するのも1つの方法です。

転職未経験で自信がない

最近の企業は、経験者よりも「未経験者」を歓迎するニーズも業種・職種によっては実際にあります。

  • 「下手に癖のついた人よりも一から自社のカラーに染まってくれる方が良い」
  • 「経験者の絶対数が多くないので、未経験者を採用しなければならない事情がある」
  • 「未経験でもある一定の社会・実務経験を活かしてくれるのではないか」

求人では「未経験者歓迎」の企業もありますので「経験の有無」は気にする必要は全くありません。

40代の転職の不安を解消する3つの方法

とにかく行動する

とにかく複数の‘’転職エージェント‘’に登録する(最低2〜3社推奨)

あとは、転職エージェントからの連絡を待ち、数多く面接をするだけ。

ポイントは、すぐに転職をする必要はありません。

企業からの評価を客観的(余裕をもって)に見ることで、‘’転職眼‘’が養われるはずです。

他人の意見は無視する

転職を口外すると、否定的な‘’助言?‘’が少なからず出てくると思います。

相手は良かれと思い‘’助言‘’として話してくれますが、大概「辞めたようが良い」「40代は無理でしょ」「給与減るんじゃない?」など否定的な助言は無視をするのが一番です。

相手の意見で自分の人生に影響させるわけにはいけません。

他人の意見は、参考程度にして、即ゴミ箱に入れることお勧めします。

自分が正しいと肯定する

自分が正しいと肯定することは、自分の意思決定に責任を持つということです。

誰の責任でもないからです。

選択に迷った場合、もし失敗したらどうしようと思いがちですが、そもそも「失敗というもの自体存在しない」という考え方があります。

成功している人は、誰よりも‘’失敗?‘’を多く経験して、‘’自分が正しい‘’と信じて行動している人です。

40代で転職が成功するコツ

転職活動をして’’自分の市場価値’’を確かめる

転職活動の通じて、数多くの企業の反応を見ると‘’自分の市場価値‘’を確かめることができるからです。

1つの情報源に頼らない

1つの転職エージェント、1つの転職サイトだけで情報収集では本当に欲しい情報を見逃している可能があります。

転職活動の基本は、複数の転職エージェントに登録することです。

例えば、高収入を希望している人は、「ハイクラス人材の転職支援を得意としている転職エージェント」を複数登録した方が、希望に沿う企業を紹介してくれる確率が高まります。

転職の選択肢を広げることができますので、1つの情報源に頼らないことが必須です。

志望動機をできるだけ明確にしておく【面接準備】

なぜ当社を選ばれたのですか?

この「なぜ当社を選ばれたのですか?」という必須質問の回答は必ず用意しておく!

  • 企業に興味を持ったきっかけ・出来事
  • 特に自分自身が惹かれたポイント・業務内容
  • 前職で身につけた経験を活かすことができる点
  • 自分の強味である○○が役に立つという点

面接は、企業側が求めている人物かどうかの確認作業です。

実際に今まで経験したことを伝え、その上で未経験の業務でも積極的に「トライする気持ちがある」を伝えることが重要となります。

まとめ:40代の転職はできます!

「経験のなさ、スキルのなさ、40代という年齢」を理由に転職に不安を感じる人は、

第一に「自分が正しい」と肯定をしてください。自分の選択は正しいと。

そして、外野の騒音でもある「他人の意見」は、参考程度に捉えて無視をすることです。

そして、「とにかく行動する(転職活動をする)」ことです。

初めての転職活動は、とても勇気が要るかもしれませんが、長い人生の中では’’一瞬の出来事’’です。

「転職を成功させる3つのコツ」

  1. 自分自身の市場価値を確かめるために’’転職活動’’をする【意識】
  2. 1つの情報源に頼らない【情報収集】
  3. 志望動機をできるだけ明確にしておく【行動】

40代でも転職はできます!

 

 

 

ABOUT ME
ぞな
40代の営業系転職リーマンの「ぞな」です。転職経験と25年営業経験を基に40代に有益な情報をお届けします。現在は一保険営業マンでノー残業の会社で働いています。